津波による原発トラブルで「最悪の場合、冷却材喪失による過酷事故に至る危険がある」ことを日本共産党福島県委員会が2007年7月に東京電力宛に申し入れを行っていた。

 「やはり最悪の事態を想定しなきゃならない。(炉心内の)自然崩壊熱が除去できなくなる。それは炉心溶融にも至りえる大変深刻な事態を考えておかなきゃならない」

 こう述べて、炉心溶融などが起きたときの放射性物質の放出量、その影響・被害調査の実施を提案しました。

 政府答弁は「そういったことはあり得ないだろうというぐらいまでの安全設計をしている」「論理的に考え得る、そういうもの」(寺坂信昭・原子力安全・保安院長)。「想定外」で、現実にはあり得ない頭の中の話という姿勢でした。

日本共産党が提言を発表
「原発からのすみやかな撤退、自然エネルギーの本格的導入を」
国民的討論と合意をよびかけます


「科学の目」で原発災害を考える
   不破哲三

 原発事故 問われる政党の立場

 2006年3月1日の衆院予算委員会第7分科会の質問で、共産党の吉井議員が電源喪失による最悪事態を警告していた。「原発8割 冷却不能も」「津波引き波5メートル取水できず 炉心溶融の恐れ」 

 放射線についてQ&Aなど(放医研)

 原発・核燃料サイクルに関する日本共産党の見解

 福島原発事故の対応に関する提案

        志位委員長の会見(Movie 版)

原発総点検し政策の抜本的転換を 志位委員長

リンク

参考資料

 出典:「しんぶん赤旗」2011年3月22日

「日刊スポーツ」のコラム(15日付)が紹介

元東芝・原子力設計技術者が語る。
原発危機 緊急発言

東京電力記者会見(3月26日)にて、しんぶん赤旗記者が質問

(WEBマガジン 朝日新聞社より抜粋)

大津波再来の恐れ 09年に指摘 
出典:しんぶん赤旗 3月29日

甘い想定放置の人災 出典:しんぶん赤旗 3月30日

 出典:「しんぶん赤旗」2011年3月17日
吉井議員の質問の一部 (しんぶん 赤旗から抜粋)

(しんぶん赤旗から抜粋)