職場のホットニュース
 ある日、ある職場のできごと    2013.5.19                        

◇職場労働者から、「ひとつのグループで管理職と技術者が意見を述べ合っていた。何かなと耳をそばだててみると、こんな会話がおこなわれていた」と職場のできごとの情報が寄せられました。

管理職:「仕事でミスが生じた。納品が迫っており、直すにも時間も費用もない。製品としては懸念されるが、少しの手直しで済ませたい」

技術者:「それはまずいのではないですか。今、時間がないのであれば別のタイミングを見計らって、作り直すことが必要だと思います。手直しが原因で、トラブルが起こったら取返しがつかなくなるのでは。客先にも信用がなくなる。技術会社である以上、ミスを軽視してはならないと思います」

管理職:「それは正論だけど。これ以上手直し(作り直す)するには原資(予算)がない」

技術者:「原資はどこからか持ってくるしかありません。正論だとおっしゃるなら、やはりそれを貫くべきだと思います」


※このようなことは、ものづくりメーカーの現場では、しばしば起こっていることではないでしようか。


※限られた「予算」のもとで、会社の「計画している利益を減らすな」「補サ費(補修・サービス関係の費用)をだすな」という方針と、「技術者としての良識」との狭間で、管理職も労働者も悩み、苦労しているのだと思います。


※しかし、「目先の利益」ばかりに目を奪われて、品質を損なうような、小手先の対応をしていると、企業の信頼や技術の発展にもつながらないのではないでしょうか。


職場短信 合併情報がほとんど知らされない・・・・
          職場には疑問や不安が渦巻いている。    2012/04

 IHI傘下の造船会社の「IHIMU」と、JFEグループ会社の「ユニバーサル造船」の合併は10月発足で合意されています。4月23日には、新会社の名称も「ジャパン マリンユナイテッド」にすると発表されました。合併にむけて会社同士は着々と準備をすすめているのに、労働者には合併にともなう情報はほとんど知らされていません。

「建造船種によって、工場が特化されるのではないか」「工場の縮小や閉鎖はないのか」「雇用はどうなるのか」「両社の賃金や労働条件の違いはどうなっているのか」など、職場には疑問や不安が渦まいています。せめて、賃金や労働条件の違いくらいは、公表してもらいたいと思います
 会社が明らかにしなければ、労組が労働者に明らかにすべきではないでしょうか。双方の労組は同じ基幹労連に加盟している仲間です。お互いに話し合い、調査し合えば、すぐにでもわかります。「公表しないのは、MUとユニバーサルでいろいろ労働条件に差があるからではないか」などの声さえあります。こうした情報をすべて職場に知らせ、誰もが合併後も安心して働けるよう、労働者同士が話し合い、検討し合い、「要求」を出し合えるようにすべきではないかと思います。



職場の異状を憂うTweet    2012/02

 職場の歓迎会が居酒屋でおこなわれた。それぞれが和やかに飲み、歓談し、宴がすすんだ。楽しいひと時が終わると、みんなで二次会へ行くことになった。一人の労働者から、「これから、職場に戻って仕事をしなければならない。悪いけどつき合えないから」と言われた。気のどくに思いながらも、「きびしいなぁー」「これじゃ、酒もほどほどしか飲めないよ」「酒もうまくないよなぁ」などのつぶやきがもれた。この話を聞いた、別の職場の同僚からは、「そこまで仕事が切羽詰っているとは異状だよ。びっくりした」とか、「そう言えば、午前2時ごろに仕事のメールが入っているなどと、聞いたことがあるから、そういう状況になっているんだろうなぁー」などの声もあった。こんなことが続けば、健康も損なうし、家族のだんらんも無くなるし、会社は、もっと人間らしい働き方に気を配るべきじゃあないのかなぁ…。



若き女性の見識に感激!(一労働者)2012.2.8

   1月のある日、TVをなにげなく視ていたら、「ミス日本コンテスト」「ミスグランプリ」の表彰がおこなわれていた。10人以上のすらっとした若き美人が並んでいた。司会者が突然、21歳の一人の女性に、その場に似合わないような質問をした。「貴方はTPPの参加についてどう思いますか。貴方のご意見をお聞かせください」と。ハッとして、思わず画面を注視した。「よく分かりません」とでも答えるかなと思っていると、その女性はマイクをにぎると、「食料や農業にかかわっている人が困るので、良いことばかりではないと思いますので、私は反対です」ときっぱり答えたことには、思わず「すばらしい」と感嘆した。

ある職場のグループ会議でのヒトコマ。(投稿者:ミスターA)
2011.10.11
 若手設計員が遠慮がちに言いました。「猫の手を借りるほどの今の忙しさの中で、仮に私の家庭で子供ができた場合、果たして保育休暇などは取れるでしょうか?」と。参加していた部長は、「その時はセクションにいるみんなが、負担を分かち合って対応するから大丈夫です」と、自信ありげにひと言。このやりとりに、まわりからは、「みんなが忙しいのに、更に負担を分かち合うのー?。それって、考えただけでも憂鬱になっちゃうよ」の声なき声があがりました。仕事量の割りに、人が足りないのよ!?

「あのパンフは良かった」
最近、職場のYさんが私に笑いながら語りかけてきた。
「貴方から送っていただいた、あの不破(哲三)さんが原発問題で講演されたパンフですけど、読ませていただいたらですね、私、すごく感動して、うちのせがれに、“この本、とても面白いから読んでみろ”って言いましたよ」「それぐらい、私はあれを読んで感動しました。ほんとによかったです」と。


 ある日の職場の出来事
(投稿;静かなる男より)2011.9.14

いつものように職場に出ると、突然、会社から方針が出された。
「もうブレーキは製造しない。リスクは負わない。購入品で賄う」と、生産変更だ。
これをめぐって、職場ではさまざまな意見が飛びかった。
Aさん:「前にも今回と同じ方針がだされたけど、ブレーキを取り替えるとき付帯工事が多くなって、結局お客さんから苦情がでて取りやめになった」
Bさん:「簡単に決めすぎるよ」
Cさん:「これまで作った実績はどうなるのだろう。大きなトラブルや、事故もなっかたのに。もの作りの技術は?」
Dさん:「まぁ、会社の方針だから仕方ないか」
まだまだ、この問題は尾を引きそうだ。
それにしても、会社幹部は、職場の最前線で設計、製造にたずさわっている、技術者たちの意見に耳を傾けるプロセスを大事にすることはできないのでしょうか…。

 共産党の科学的先見性に感動 2011.9.10

 職場労働者から熱いラブレターが届きました。
 内容は、共産党衆議院議員の吉井英勝さんが、国会で数年前から福島原発の危険性を指摘していたことをネットで知り、大変、感動したとのこと。封書のなかには、石川島委員会あてに数万円のカンパが入っていました。この方の気持ちに接して、私のハートも熱く燃えました。この場を借りて感謝申し上げます。


 IHIMUの造船職場  2011.8.14

=猛暑で熱中症の危険=

「クソ暑くてまいっちゃう」「クタクタだ。なんとかしてくれよ」などの悲鳴。これがいまの造船職場です。ある職場を「携帯型熱中症計」で調査してみると、ほとんどの日と時間帯で、最悪レベルの「厳重警戒」と「危険」を明示、アラームが鳴りっ放しです。余りの暑さで、労働中に気分が悪くなり、診療所にむかう労働者もでています。熱中症は、一つ間違えれば、命にかかわります。

 

 「労働者の命を守れ、熱中症の被害を一人も出すな」

=緊急の安全対策を求めて運動=

 労資が確認している「安全5原則」は、「危険な作業はしない、させない」「災害要因の先取り」を明確にしています。ここに立ち返った、緊急の安全対策が求められています。職場の共産党員たちは、酷暑で苦しむ職場状況を告発し、今すぐできる対策を具体的に提起し、その実現のために頑張っています。「携帯型熱中症計をすべての労働者にもたせ、危険な場合には作業を中止し、即刻対策をとること」「作業場が30℃以上にならないように、大型クーラーやサンネットを設置せよ」「熱中症による休業は公傷扱いにしろ」などの要求や提言をかかげて、この間に二回の門前ビラを配布。労働組合の幹部にも、「緊急対策」を申入れています。このとりくみは、労働者の中で、大きな関心を呼び、その実現を求める切実な声が広がっています。

 

 熱中症対策をめぐる変化のキザシ

=本格的な対策めざし引き続き奮闘=

 とりわけ、「携帯型熱中症計を労働者に持たせろ」の要求は、職場の中で「それはいい。早く実施すべきだ」の声が強まっています。労組幹部は、「熱中症対策は重視している」「携帯型熱中症計を全員に持たせることは無理だが、職長とか、班に持たせるとかは、検討してみる」と表明。会社は、グループミーティングなどで、「気分が悪くなる前に休憩をとってほしい」「こまめに水分を補給するとか、休憩をとるとか、そうしても良いから」と発言しています。労組や会社の動きは、事態の危険さからいえば不十分ですが、昨年にはなかったもので一歩前進です。しかし、労働者からは「仕事中に休めと言われても、工程がギッシリ詰まっていてできない」の声もあり、ゆとりある夏場の工程の策定など、抜本的な対策が必要です。職場の共産党員たちは、さらに本格的な安全対策を求めてとりくみを強めています。