日本共産党 石川島委員会の政策と見解

労務政策を改めてこそ、IHI再生の展望が切り開けます

4.働くルールを作って、違法な「談合」をなくそう
  「法令順守」=サービス残業・思想差別 根絶してこそ

“労働者の意欲低下 職場疲弊”

「成果主義に構造欠陥」

2.春闘ビラ 会社は満額で要求に応えるのが当然。人事制度は十分な職場討議を

1.労資とも成果主義に反対し、「職務資格等級制度」を導入

3.「人と技術を大切にする」経営に転換し、安定的な経営の展望を切り開こう

2.経済産業省の研究会が、いまの成果主義には「構造的な欠陥」があると報告

5.労働者の苦労に報いる賃上げを実現し、サラリーマン大増税に反撃する’06春闘に(2006.2)

6.「人と技術を大切にする経営」への着実な一歩を踏み出し、石播再生の展望を切り開こう(2007年01月)

2005年 発行版はこちらです。

1.成果主義賃金制度

正規も非正規も貴重な人材、「非正規切り」やるべきではない

提言(案)

「人と技術を大切にする経営」への転換を

社内(外)調査委員会報告を受けての

=中途退職者の防止、技術の伝承は急務です=
IHIの大幅業績悪化についての見解(その2)

職場点検を実施し、早急に熱中症対策の実施を

2009 春闘ビラ
安易な労働者犠牲ではなく、「変革の時代」に対応する企業戦略を明確に

【提言案】へのご意見・ご感想の一部を次のページにて紹介しています。

IHIの大幅業績悪化についての見解を発表
情報

「平和と民主主義、くらしを守り、IHIの再生と明るい職場を」

<幸陽船渠で熱中症による死亡災害が発生>

「特設注意市場銘柄」の指定解除に伴い、次の見解を発表しました。

    指定解除を機会に、IHI再生の経営戦略具体化し、自由な職場作りを

2009 新年ビラ
大企業いいなりの政治を転換し、雇用と労働条件、暮らしを守ろう

造船職場での早急な熱中症対策の実施を求めて、造船支部が見解を発表