石播 思想差別 勝利和解を知っての労働者の声

自宅に多数の電話=涙声で「記事を読んで感動しました」

 職場には、4人の基幹職と課長代理に日刊紙(1/20付)を送り、その後電話で聞いてみた。全員喜ぶという感じではないものの、「そうですか」「良かったですね」という声がかえってきた。

 1月20日には、自宅に電話が10件ほどかかってきた。「鉢植えの花」まで贈ってくれた人もいた。私のつながりのある地域の党員や固い支持者だが、みんな興奮していた。二日酔いの私は冷めていたのに、耳元でガンガン響く電話があった。女性は泣き声で、感動したことを語っていた。あの記事にそれほど、読む人の心を動かすような影響力があったのは意外であった。21日には、地元の後援会の新年会があったが、一様に記事を引用して、感

想を話していた。地元の都議や区議からも、「ご苦労様…」という伝言があった。また前地区委員長からは、「学ばせて欲しい」との電話があった。

 

部長が「周知文」を読み上げて、「ウチの部はやりません」とコメント

1月22日の職場の動きを報告します。

◇私の上司より、基幹職宛ての「周知文」がメールされてきた。午前11時より、電事部・開発部で集会がおこなわれた。10名程度の参加でしたが、そこで部長が、「周知文」を読み上げながら、所々コメントを加えていた。そして「ウチの部ではこれまでも、こんなことをやってなかったし、これからもやりません。皆さんも注意してください」と付け加えた。

◇この集会が始まる前に、「『朝日』で見た」「『日経』には書いてなかった」と、労働者のなかで、ひとしきり話題になった。

 ◇ある基幹職が集会の後、「部長は『周知文』をきっちり読み上げていました ね」と話しかけてきた。

◇別の基幹職に、「今日の内容を聞いて印象はどう?」と聞いたところ、「まだIHIには、こんな事あったんですか」と驚いていた。MUの職場での差別の事例を話して、1年前までは、こうした状況があったことを話すと、「そうなんですか」「だから問題だったんですね」と相槌をうってくれた。

 

IHIは人を大事にしない」と、怒りの声

ここ2年余り、会社と差別是正について交渉してきたが、1月19日(明日)に和解することになり、会社はこれまでの労務管理を改めると約束し、再発防止協定を結ぶことになりました、と伝えると、「それはよかったですね。でもその面で改善はあるかもしれないが、今、○○部門は赤字続きで大変ですよ」「6年前、関係会社に大量移籍して事業部の赤字改善をはかったけれど、未だに良くならない。経営トップが『赤字でも工事を取れ』と押し付けて、あとは担当部(者)にまかせて、責任を持たない。だいたい人を大事にしないやり方が、今の赤字体質をつくってきた」「今、精神病になる人が多い」「仕事をとってもやる人がいない」と憤っていた。思想差別がまかりとおり、上意下達の企業体質のもとで、苦しんでいる労働者の声に心が痛みます。

 

「今度のことで、ICカードの差別がなくなるといいですね」

「再発防止協定」「和解協定」に調印した内容を伝えると、「これまで大変でしたね、よかったですね」と応えてくれた。「職場は今、忙しく人手が足りないんですよ。手伝って欲しい状況…」「考え方が違うからと、新ビルへ出入りするICカードが交付されないということが多分あると思います。今度のことで、カードが交付されるといいですね」「1/20付の新聞は読ませてもらいます」とていねいに応じてくれた。

 

成果主義のもとでの職場の矛盾を吐露

会社は、差別があったことを認め、「反省」の意を表明して、和解協定に調印したことを伝えると、「それはよかったですね」と喜んでくれた。これまで、職場の実情やサービス残業問題、特別企画職への昇級のことなど、時に触れ、話題を話し合ってきた労働者ですが、相手から、職場状況を語ってくれた。「今の職場の実態はひどいものです。半分は定年になった人で占められています」「(仕事は)言われたことをやっているだけ、それ以上のことをやれば時間もかかるし、失敗すれば、『なぜそんなことをやったんだ』と言われます。だから技術的検討は何もしない(以前は失敗してもフォローしてくれたが…)で、上のほうは責任をとらない」と。また、「若い人は頭がいいから、一気にハードルを高くしない(成果主義のもとで)。10センチずつあげた目標で成果を認めてもらうような考えに立っている。無理にハードルを上げて挑むようなことはしない」と実情を話してくれた。                 


「反共思想差別は、会社をゆがめてしまった」と、胸を痛めている労働者

1月13日に基幹職に電話をかけて、和解成立の方向だと話したら、「それはおめでとう」と非常に喜んでくれた。そして、次のようなことを語ってくれた。「これまでの異常な労務管理の反映だろうけど、いまのIHIの役員には節度のない人間が多いよ。たとえば、以前、役員であった人が、IHIの競争会社の役員になっている人もいる。それから、同僚とよく話すけど、『野武士集団などとよくいうが、笑わせるな。これまで散々、骨のある奴を辞めさせてきたのではないか』と批判の声が強い。顧客から、知的レベルを向上したいから技術的知識をいろいろ教えてくれと言われ、客先に行って講義しているが、そのことがIHI本社のメンバーは気に入らないらしい。『お客に要らぬ智恵つけるな』と言う。それでいて、IHI本社の技術部門で働いている技術者に、機械学会などで発表された技術理論誌を紹介すると、忙しくてそんな本を読んでいるところではないと言われる状態だ」と、話してくれた。

さらにこんなことも話してくれた。「先日、ソニーをダメにしたのは成果主義という本が出たが、研究開発部門は成果が出ないからその恩恵を受けない。製品が安定している部門は、売り上げが上がれば成果があがる。このように部門間で格差が生まれる」「以前に、会計決算の仕方で、納得できないことがあったので、それを正したら、本部長から大目玉を受けた」「反共思想差別によって、さまざまな弊害を生んだ。技術開発分野は評価されない。アメリカ式企業システムに変わったことで短期利益(目先の利益)を追求することが強まった」など、和解問題から、経営のゆがみについて、深い話し合いになった。

 

勝利和解を知って、「これからの日本、これからのIHI」について考える労働者30代)

1月21日、労働者に電話をしたら、「いいことがありましたね」と明るい声が返ってきた。すでにどこかのホームページで勝利和解のことを知っていた。そこで私が、IHIの反共支配について歴史的に話しながら、このことがいかに職場の言論を抑えていたかを語り、今後は少しずつ、自由の領域が広がっていくことの展望を話すと、「そうだね」と深く相槌を打ってくれた。さらに、彼の方から、「これからの日本はどうなるんだろうね」「IHIはどうなるんでしょうかね」と聞いてきた。これまで彼は、話をすれば遠い将来より当面のことが問題だと、そのことのみを言っていたが、長期的視野にたった、考え方を聞かしてほしいと言ってきたのです。人間らしく働ける労働のルールづくりがどうしても必要だと話しました。そのためには、今のような労働組合ではどうしようもないこと、労働者の利益の立場に立った組合がどうしても必要であること、そのためには働くもの同士の固い団結が大切であることを訴えると、電話を通して深い共感を示してくれたことが感じとれた。心の通える対話ができてうれしかった。

 

元支部委員(30代)も喜んでくれた

電話をかけると、既に新聞を読んでいて、「おめでとう。大変よかったですね」と、心から喜んでくれた。1/20付の日刊紙をさっそく届けた。

 

元上司も心から喜んでくれた

私の元上司に電話をした。大変喜んでくれた。「よかったなぁ〜。よかったなぁ〜」と何べんも言ってくれた。耳にこびりついている。私が在職中にお世話になった基幹職だけに、貴方とも、ことあるごとに、「なぜ、会社はこれほどまでに差別するのか」をめぐって、お互いに話し合っていましたよねと言うと、「そうだったよなぁ〜」と感無量な思いで話していた。私は、本当にうれしかった。

「感動しました。これでIHIが変るといいですね」

 「送られてきた新聞を読ませてもらいました。感動しました。貴方たちの差別をずっと見てきましたが、ひどいものでしたね。裁判をやれば勝つと思っていましたが、それをやらないで勝ったのだから凄いことです」「長い間、被害を受けたことを考えれば、賠償金だけでは済まないと思います。これからIHIも変るといいですが、職場は、人のことをかまっていられないという雰囲気です。同じ同僚なのに、助け合う雰囲気は全然ありません」

 

上司が、「会社は負けた」とコメント

 和解直後、設計関係のある職場では、全員を集めて、上司が周知文の前文のところを読み上げ、和解内容の要旨を説明したあと、「会社は負けたのだ」とコメントしました。

 

「会社に言われてやってきたが、これで普通の職場にもどる。良かった」

 職場労働者に和解内容を話し、これから職場でどんなことを話しても、睨まれることはなくなったことなどを話すと、「余りにも遅すぎたんじゃないの。我々は、貴方らへの差別は、会社に言われてやってきたんだよ。会社は、貴方たちには頭を下げたのかも知れないが、我々はどうなるんだ。ちょっとすっきりしないものが残りますよ」「でも、良かった。これで普通の職場になるんですね」

 

IHIが差別を認め、反省したなんて、信じられない。凄いことだ」

 51歳の労働者に電話をすると、明るい声で次のようなことを語ってくれた。「送られてきた新聞を読みました。よかったですねぇ〜」「22日の朝、部長が全員を集めて、文書を読み上げたあと、『この通りですから、これからは職場の幹事やグループ長は気をつけてください。何かあったら私のところに言ってきてください』と言っていました」「会社が、これまでと180度違うこと言い出したのですから、びっくりしました。凄いことですね。IHIが差別を認め、反省して、これからはやらないと言ったということでしょう。しかも、賠償金も払うことを約束したなんて、どう考えても信じられないことですよ。よく、会社が認めましたね」「会社に言われて、やりたくないのに差別をせざるを得なかった人たちは沢山いますよ。こういう人たちは、これで嫌な思いをしなくても済むのだから、この人たちが一番喜んでいると思いますよ。みんな、心では『おかしなことだ。やりたくないな』と思いながらやっていたんだから、これでストレスが軽くなりますよ」「IHIは談合を繰り返し、営業活動の停止になっているときに、おかしな差別をしていることが、世間に明かになることを恐れたのですかね。会社の体質を変えなければならないと、トップか誰かが決断したのでしょうね」「IHIがこうしたことを認めたとなれば、いずれ、三菱、日立、日産、トヨタなど、他の会社にも波及すると思いますよ。日本の社会全体に影響を与える大きな出来事だと思います」と、大変、喜んでくれた。


「すごい内容ですね。『朝日』の記事を回覧していますよ」40代基幹職)
 
「和解」を報道した「赤旗」日刊紙を送ったので読んでくださいというと、「送ってしまったのでは仕方がない」と言いながら、「着いたら読んでみます」の返事。さらに、「今までと違って、今回はすごい内容ですね。よかったですね」「朝日新聞の記事は、コピーして職場で回覧しているから、その範囲ではみんな知っていますよ。
10億円とか書いてありましたが、金額の問題より“再発防止”に意義があるのでは・・・」と語ってくれました。

 

退職を迫った元職長も、想いをこめて喜びの声

7000人の「合理化」がおこなわれたとき(86年)、当時、職長として、たたかう労働者を退職に追いやるために「説得側」にまわっていた人が、顔をほころばせて、「新聞を見てびっくりした。やっと解決して良かったなぁ〜」と話しかけてきた。こうした労働者も、心から祝福してくれることに、感慨深いものがある。後日、この人に「赤旗」日刊紙を送ると、「〇〇さんがよく写っていたな。十分読ませてもらったよ」とお礼のあいさつをしてくれた。勝利和解は、さまざまな人生体験をしてきた労働者を、大きく励ましている。

 

「あのIHIに勝ったとは、びっくりです。よかったですね」

設計労働者が声をかけてきた。「朝日新聞読みました。あのIHIと争って勝利したんですね。びっくりしました。解決して良かったですね」。つづいて、「私は7000人の『合理化』のとき、会社から執拗に辞めるように言われた。その時、辞めないで頑張れたのは、貴方の仲間の皆さんがまいた門前ビラ(「退職強要をはねかえす12章」)をみて、勇気づけられたからです」と、私たちの活動を評価してくれた。この労働者には、以前、資料を送ったときに、「なぜ、私の所に送ってきたのか」と苦情を言われたことがあるので、今回、事前に声をかけて「赤旗」日刊紙を送った。どのような対応をするか気になっていたが、「資料(新聞)をどうもありがとう。良く、読みました。ありがとう」と、笑顔でこたえてくれたのでほっとすると同時にうれしかった。

 

対話拒否の労働者も、和解を契機に心をひらいてくれた

 この労働者は、86年の緊急対策時に、「共産党こそ辞めろ」という石播労組のビラを配布したこともある。宣伝資料の声掛けにも、「いっさい見なくて捨てるから、送らないでください」「私は、IHIとの関係があるかぎり、貴方たちとは関係を持ちません」と、かたくなに対話を拒否していた。今回、電話をかけて、和解の内容と意義について話し、1/20付けの日刊紙を送ったから読んでくださいと呼びかけると、思いがけない返事が返ってきた。「長い間、本当にご苦労さまでした。やっと貴方たちの想いがかないましたね。新聞は是非読ませていただきます」。今年は選挙の年なので、その点もよろしくと、訴えると、「考慮します」と、これまでと違う好意的な対応をしてくれた。続いて、「ところで、貴方はいま働いているのか?」「職場は、やってもやっても赤字になるような海外プラント工事で、毎日忙しいよ。皆さんあまり活気がない…」などと、いろいろと職場状況を話してくれた。これからも資料を送るので読んでほしいと言うと、快く了解してくれた。

 

「苦労が報われましたね。気持ちは貴方たちを支援していました」

和解内容を報じた日刊紙を送ったので読んでくださいと声をかけ、和解の意義や、我々がなぜ差別是正のたたかいに立ち上がったのかを話した。労働者は喜んで、次のように話してくれた。「本当に長い間の苦労がむくわれましたね。私も組合の支部委員や職場委員をやれとか、インフォーマルの役員をやれなどと、いろいろ言われてきましたが、いっさい断ってきました。それが私の貴方たちに対する気持ちの上での支援だと思っていました」「しかし、そのことで少々昇給が遅れたかなぁ。職場にはいま活動家がいないので、差別する行事をしなくてすみますがね。最近はいろいろな取り組みをしても参加する人が少なくなりましたし、取組みもほとんどなくなりました」

 
“石播「和解」お祝い申し上げます”の喜びの手紙

 職場の人から、“石播「和解」お祝い申し上げます”の喜びの手紙が届きましたのでその一部をご紹介します。

 とくに「再発防止協定」は意義が大きいと思います。これも多くの方々の長年のご苦労と尽力の賜物(成果)であり、敬意を表します。
 IHIもこれを教訓に、今後は余計なところにエネルギを使わず、技術の進歩と事業の発展のために全社の力を集中してほしいものです。

「俺たちのやってきたこと(差別)はなんだったのか」

「良かったですね。俺達のやって来たことは一体なんだったんだと思うよ」「現場は、事務所と違って差別がひどかった。(配転後の)事務所は、現場みたいにひどくなくて、考え方の違う人達も飲み会に出ていた。何でこんなに違うのかと思った」「当時、組合の代議員とかインフォーマルを経験した人は仕事が出来なくても出世した。技術を持っている人でも、こうしたことをやらないと、ある程度で頭打ちになっていた」。思想差別をなくさないと、IHIの将来展望はないのでは?との問いかけにはそうだよなー。和解は、とにかく良かった」と語っていた。

 

人勤関係者も「思想差別は、会社の再生に障害」の声

人勤関係の人が、「反共思想差別の労務管理のもとでは、正常な人間関係は築けない。本音の言えないような職場では活力もわいてこないし、会社の再生にも障害になるのでは…」「私は、職場の誰れかれなく、『おい、今日帰りに飲みにいこうやと』と気軽に声を掛け合えるような職場になってほしいと思っている」と、誠意を持って語ってくれた。

「今度は、会社は本気だ」

職場で労働者が朝日新聞の切り抜きを持って、話しかけてきた。「今日門前で宣伝していたのは、この内容ですか」「(門前でまいたビラを読んでもらうと)良く分かりました。再雇用になった人もいるんですね。すごいですね」「今の労働組合はどうなるんですか。労働組合は、会社と労働協約を結んでいる。今回のことは、労働組合を越えて協定ができたのだから、労働組合の価値はなくなってしまうのではないか。組合費だけ高くとっていて…」。

その後、上司から和解内容の周知文の説明を聞いたあと、「今度は、会社が皆に話しているから、会社も本気でやりますよね」と話していた。