「再発防止協定」で会社が確約していた、コンプライアンス・ガイドの補足資料(教育資料)の全従業員への配布と社内のホームページへの掲載について「石播東京職場の差別をなくす会」の事務局長が会社に、事後の確認を求めたところ、2007年2月16日、本社人事部より次のような説明がありました。

 

1、別途資料の配付とホームページへの掲載について

・遅くとも、2月末までには全員に配付する

・配付と、ホームページへの掲示は、ほぼ同時にしたい

・事務、技術系の人には電子メールに別途資料を添付して配付する(ペーパーレスということもあるが、出張者、出向者などにも確実に渡ると考えている)

・現業系は、職・班長を通じて紙で全員に渡すようにする

 

2、コンプライアンス教育について

・教育計画の詳細は未定だが、4月以降に行なう計画である

・教育の資料は、配付するものと同じものを使う

・各層教育のなかで行なうようにする

 以上               

コンプライアンス・ガイドの補足資料および教育、ホームページへの掲載について
森 啓二さん(物流システム)IHI復帰

 「思想・信条により差別を受けた」として、石川島播磨の全国の事業所の申告者168名が、会社に差別是正を求めていたたたかいは、去る1月19日、和解が成立しました。

 この交渉の中で、運事部の特別対策で「リプロ」(後にIUE)へ出向させられていた森 啓二さんは、「IHIの社員でありながら、出向先から請負業者としてIHIで働かされているのは、きわめて不合理だ。出向を解除して、現在働いている職場に転籍させよ」との主張が実り、今回の和解成立にもとづいて、4月1日から、本来のIHIの従業員として再スタートを切ることになりました。

下の写真は、その報告として社前ビラをした(4月2日)時に、彼がお礼の挨拶をしている写真です。なんと、晴れがましい姿ではないでしょうか。