<和解の内容>
1.和解内容の概要

  @再発防止に関する協定の締結

  A在職者44名の職務等級、基準賃金、退職金本給の変更

  B解決金の支払い

  C和解協定書第4項記載の申告者3名の出向復帰、再雇用、配属先変更、並びに同第5項についての公表は制限しない。

 

2.再発防止に関する協定の概要

(1)会社は、申告者ら及び原告らに対して、賃金・資格、仕事、行事参加などで差別的な人事管理が行われたと受け止められてもやむを得ない状況があったことを認め、それにより申告者ら及び原告らが癒しがたい苦痛を感じたことを重く受け止め、反省の意を表明し、今後、申告者ら及び原告らに対する差別的な人事管理が行われないよう、労務政策としての再発防止を徹底することを確約する。

(2)会社は従業員に対する思想差別、性差別、不当労働行為を行わない。

(3)思想差別等の再発防止を期し、職場の基本的な人権の尊重を徹底するため、コンプライアンス・ガイドの補足資料を作成し、全従業員への配布及び社内のコンプライアンス・ホームページの掲載を行うとともに、基幹職、職班長等の階層別教育および人事担当者への教育において、必読資料として活用し、コンプライアンス教育を実施する。(なお、公表に際しては、前記補足資料の全文ないしそれに準ずる詳細な引用をしない。)

(4)職制に和解の要旨を記載した文書を配布して、職制を通じ、和解内容をすべての従業員へ周知し、再発防止を指示するとともに、職場融和のための働きかけ(以下の行事についての全員への声かけ)を徹底する。

 ・ 事業所祭、工場祭、桜祭り、納涼祭などの「会社行事」

 ・ 構内放送や会社掲示板、社内メール、会社が指名するレクリーダーや職場のレク係を通じて職場全体に参加が呼びかけられる「レク行事」

 ・ 職長・班長を含む職場の大半が参加する、新入社員歓迎会、歓送迎会、忘年会、納会、新年会、完納祝いなどの「職場行事」 

    また、従業員の冠婚葬祭に関する連絡について、特定の従業員のみが排除されたり、職場の特定の者に対して、本人の異動時の歓送迎会や、退職時の送別会などが行われず、挨拶もさせないことが生じたりしないように、職場内に徹底する。

    なお、会社は上記声かけなどを励行していない従業員及び団体には、当該行事の中止の勧告、便宜供与の禁止措置をとる。

   (なお、公表に際しては、前記職制に配布する文書の全文ないしそれに準ずる詳細な引用をしない。)

(5)申告者らが在籍している関係会社についても同様の措置を実施するよう会社が求める。

(6)和解の履行についての疑義が生じた場合は、会社は協議の場を速やかに設け、誠実に対応する。

                                          以上